HOMEお知らせ
 オークション出品中(9月23日水曜日終了)2009.9.20
倉庫整理品、処分品、委託品等値下げしてオークションに出品しています。
全ての商品は、連休の最後の日の夜に終了します。

 お詫び:メールが受信されていませんでした2009.8.11
大変申し分けございません。
8月9日(日)、10日(月)、11日(火)(午前中)の期間、
何らかの原因(悪質な迷惑メール?)で、音の市に受信される前にサーバー内(後)で何件かのメールが削除されてしまいました。
この期間にメールを送信されたお客様は大変恐れ入りますが、再度メールのご送信をお願いいたします。
メールのご返事に関しましては、一両日中に必ずご回答しておりますので、2日経っても音の市から連絡がない場合はメールが届いてない可能性があるとご判断ください。
誠に恐縮、ご迷惑をお掛けいたします。

 暑中お見舞い申し上げます                       アメリカ買い付け品入荷しました!2009.8.9
写真は8月7日のびわ湖花火大会で写したものです。絶好の観覧穴場(車も止められて人が少なく湖面に花火が映って見える場所)を5年前に見つけて毎年ここから眺めています。湖畔から見る当地の花火の醍醐味は、周りに大きな遮る建物がなく湖面いっぱいに花火が映る素晴らしさですね。
まだ見られたことがない御仁は是非来年、滋賀まで音の市ご来店と合わせてお越しください。尚、秘密の場所は大津京駅からすぐのヨットハーバーです。
さて、お待たせしていましたアメリカからの買い付け品が先週届きました。
只今商品の整備・整理中ですが、順次商品のご案内をさせていただきます。お客様の中には電話で先約をしていただいておりますが、できるだけ公平を期すためにHPへは早く掲載・紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

 お得情報 ヤフーオークション出品中!2009.7.9
7月12日(日)11時PM〜 
処分品、格安見切り等ヤフーオークションにて出品中です。
30アイテム目指して出品致します。

 アメリカ出張報告 その5 2009.7.1
出張中に次のようなメールが入っていましたので同じように考えておられる方がいらっしゃれば是非ご参考にしていただければと思います。
と同時に是非実行されることを期待しています。
「一度矢野さんについて行って一緒に買い付けをやってみたい、だめなら買い付けのノウハウを教えてほしい、、、」という内容のものでした。

海外直接買い付けは多くのメリットがある反面憂慮すべき点もいくつかあります。
現地調達の利点は、直接現物が確認できること、売主と価格交渉がしやすいこと、倉庫の片隅に掘り出し物があったりすること、オークションに出品しにくいものは安価で分けてもらえること、改造品が少なくオリジナリティーを保持しているものが多いこと、アメリカは日本と比べて湿度が低いので傷みが少ないこと等々あります。
一方、マイナス面として、出張費(経費)が掛かる、出張中日本での営業が滞る(一人でやってる場合)、まとまった軍資金を一度に集めないといけない、出張前の準備(航空券手配、ホテル、レンタカー、サプライヤーとのアポ、ドル現金の用意)、荷造り場所の確保、
日本での受け入れ態勢の用意(コンテナ分の量を買った場合)、収獲が悪かったら経費と時間の無駄になります、等々不安要素もあります。
要は良い買い物ができれば、出費に見合う仕入れができれば問題ないのですがいつもうまくいくとは限りません。
過去に約30回ほど現地調達を試みましたが経験上、何が必要かを私なりに6つあげてみました。上から順番に重要度が高いと考えてください。

1 仕入れ先の確保
まずは買う商品が無いと話になりませんので、商品を持っているサプライヤー、ディーラー、個人マニア、セミプロのコレクター、オーディオ店等と商品の在庫、入荷の見込み等を常にコンタクトを取って把握しておく必要があります。
2 体力
30代のころは全く平気でしたが40代になるとかなりハードになってきました。
取り扱う品物が重く、大きく、壊れやすく、高価なものとなりますので肉体的・精神的に丈夫でないときついです。海外での運転、荷物の上げ下ろし、短期間での荷造り作業は想像以上に重労働です。
3 相場価格の把握と勘(商品知識はその次)
買おうとしている商品が日本で売れ筋か、儲けが出るかの見極めができるかということと、その品物に不具合がないか判断できる目利きが重要です。
また、「絶対儲かる」という勘が働く人は成功し易いです。
4 資金力
高額な品物が多いですので余裕があるに越したことはありません。
また、現地に銀行口座を持っていると現金がすぐに用意できますのでイザの時役立ちます。
5 英語力
交渉の際、相手の話し方のニュアンスでうまく値切れますし、商品の不具合がないかも間違いなく確認できます。金額を聞き間違うということもありませんし、他にもっと良いものがないか聞き出すこともできます。意思疎通が明確にできるのでお互いストレスがなく、また後で問題も生じません。
6 運転
アメリカは左ハンドル、右側通行。ルールやマナーも日本と異なります。時差ボケで昼間の運転中は睡魔との闘いでかなり危険を伴います。ただ運転は慣れますしほとんどのアメリカ人はマナーが良いですのであまり心配することはありません。

以上、ご参考にしていただいて、できればバイタリティーのある若い方にチャンスがあればぜひ海外に出て行ってもらいたいものです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
[編集]